週刊ベースボールONLINE

篠塚和典の連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】ソフトバンク・中村晃「ヘッドが打球方向を指す見事なフォロースルー」

 



 最初の構え[1]の状態でバットとグリップを動かしながらリズムをとっていますが、これは人それぞれなので問題ありません。[1]でグリップの位置は顔よりも前にありますが、ここから足を上げながらグリップを引いていきます。

 足を上げ切った[3]からステップしながら体がピッチャーの方向に向かっていきますが、グリップはステップが始まった[4]の位置からほとんど変わらず、体とグリップが離れていきます。トップが出来上がった状態の[6]ではボールとグリップの距離を十分にとることができているので、余裕を持ってスイングに移行することができています。

 グリップの位置は[4]からスイングを始動する[7]まで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

連続写真に見るプロのテクニック

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング