週刊ベースボールONLINE

篠塚和典の連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】巨人・増田陸「インパクトの直前までヘッドが残り対応力アップ」

 



 交流戦に入ってスタメン出場が増えた高卒4年目。指摘するような欠点がない素晴らしいスイングです。

 どっしりした構えからテークバックでも体が沈み込むイメージで力感があります。構えから余計な動きがなくスッと左足を引いていきますが、[4]で深いトップがほとんど出来上がっています。[6][7]とステップしていきますが、ボールとグリップの距離をしっかりとりながらも、左ヒジは適度に曲がって余裕があるのもいいです。

 そこから体が回転していきますが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

連続写真に見るプロのテクニック

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング