週刊ベースボールONLINE

ドラフト候補リサーチ2012

池田隆英[創価高/投手]

 

全国屈指の強豪が集う東京・西東京地区を勝ち抜いて、今夏の甲子園出場を狙う創価高のエース・池田隆英。佐賀・唐津市生まれの右腕は、故郷を離れ進学した創価高で現在の投球スタイルを手に入れた。「ねじ伏せる」から「打ち取る」へ。伸び盛りの17歳が描く成長曲線は、この先まだまだ上方へと進む可能性を秘めている

独自の“しなやかさ”持つ最速145キロ右腕

 181センチ80キロの恵まれた体格。胸の前でグラブを構えて捕手のサインを覗のぞき込むと、ノーワインドアップからゆったりと左足を上げ、そこからためこんだ力を一気に放出するようにボールを投げ込む。その右腕から放つ最速145キロの直球とカーブ、スライダーで打者を打ち取る。それが創価高・池田隆英の持ち味だ。

 昨年12月には東京都高校選抜に選ばれ、ロサンゼルス遠征に参加した。その壮行試合として行われた東都大学リーグ1、2年生選抜との対戦では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング