週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2018

日本ハム・横尾俊建の“おにぎり”グラブ 革の硬さにこだわった唯一無二の“相棒”

 

この男の武器はパワフルな打撃だけではない。内外野を守れるユーティリティープレーヤーとしても存在価値を示す横尾俊建。セカンドで開幕スタメンも勝ち取った男のこだわりが詰まった“おにぎりグラブ”の全貌に迫った。
取材・文=松井進作、写真=高原由佳


 3月30日の西武との2018年シーズンの開幕戦(札幌ドーム)。絶対的なレギュラー不在と言われていたセカンドのスタメンを奪ったのは横尾俊建だった。パンチ力あるバッティングとずんぐりむっくりの体型で“おにぎり君”の愛称で2017年にプチブレーク。今シーズンは定位置確保に向けてファーストだけでなく、セカンドやサードの練習も精力的に積んできた。

 一度でも横尾の守備を見た人ならその軽やかな身のこなし、やわらかいグラブさばきに目を奪われることだろう。決して華麗とは言えないが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

道具の流儀

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング