週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2019

オリックス・佐野皓大 デサントのスパイク その場で“飛ぶ”感覚を大事に 求める“軽量”の二文字

 

最大の武器をアシストしてくれる相棒だからこそ、譲れないものがある。投手から野手転向で育成選手となるも、50メートル走5秒7の俊足を武器に、昨季途中に支配下登録を勝ち取った。迎えた野手転向2年目の今季は、開幕一軍を手にすると代走や守備固めから好機を得て先発出場も増。“軽さ”を求めたスパイクが、飛躍に一役買っている。
取材・文=鶴田成秀 写真=佐藤真一


 二ゴロでさえも、安打に変えていく。50メートル走5秒7の俊足を武器に開幕から一軍に定着。4月24日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では、1点ビハインドの9回に代走で出場して二盗を成功し、逆転勝利を呼び込むなど“足”で存在感を示している。「足が売り」を自覚しているからこそ、昨季に右打ちからスイッチヒッターにも転向。それゆえ、当然、スパイクにもこだわりがある。

「とにかく“軽さ”です」

 端的に話す22歳だが“軽さ”を求める理由が隠れているのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング