週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2019

DeNA・大和 スラッガーの内野手用グラブ スペシャリストの道具選び。こだわりはディテールに宿る

 

阪神から移籍して2年目のシーズンを迎えている。難しい打球をほとんど表情を変えずに、平然とさばくプレーは、華麗さを備える。とはいえ、愛用するスラッガーのグラブは、派手さよりも、信頼性や機能性を重視。今季は遊撃のポジションに固定され、高い守備率を誇る名手に、こだわりの道具を紹介してもらおう。
取材・文=滝川和臣 写真=大泉謙也


 2017年末にFAで阪神から移籍した大和は、守備のスペシャリストとして大きな期待とともにDeNAに迎え入れられた。阪神時代には対戦相手として華麗なプレーで何度もチャンスの芽を摘んできた男の加入は、チームに新しい風を吹き込んだ。

 移籍1年目となった昨季、主に二遊間で敵味方をうならせるプレーをいくつも披露してきたが、一方で新天地でのフィールディングに戸惑うこともあった。その一つが土の甲子園と、人工芝である横浜スタジアムの打球スピードの違いだった。昨年のシーズン途中には、横浜スタジアムの速い打球に対応するために、阪神時代から愛用していた内野手用モデルを変更している。

「いろいろな考え方があるでしょうが、自分は人工芝になってグラブを・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

道具の流儀

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング