週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2022

楽天・渡邊佳明 ウイルソンのバット 打撃の感覚を研ぎ澄ます 用途の違う3種のバット

 

内外野を守れる万能性が武器だが、定位置奪取へのカギはバットにある。今季から新たなメーカーのものを使用するが、ベースの型は不変。打撃練習では3種類のバットを使い分けるなど、こだわりは深い。微調整を重ねながら完成形を手にし、最高の結果を残すつもりだ。
取材・文=阿部ちはる 写真=井沢雄一郎


 試合で結果を残すためには練習が何よりも大事になる。渡邊佳明は打撃練習の際、3本のバットを持ち歩く。1本は試合用と同じサイズ、2本目は「最悪、試合でも使える」バット。3本目は1メートル1キロの長尺バットだ。

 試合用は阪神近本光司のバットの型を使用している。明大での大学野球を終え、友人が使用していた近本の型のバットを振ってみたところ感触が良く、プロ入り後から使用し始めた。33.5インチ、重さは860グラム。「昨季終盤に疲れから振れなくなってきたので少し軽くしてみたところ、感触があまり変わらなかったんです。だったら軽いほうがしっかり振れるなということで10〜20グラムほど軽くしました」と重さには手を加えた。だがこの重さこそが重要で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

道具の流儀

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング