週刊ベースボールONLINE

豊田泰光のオレが許さん!

投手なら記録を作れ!

 

今季は星野監督とフロントの功績が大、田中が力を出せるチームにした


 楽天がいい感じで走ってますねえ。7月9日の日本ハム戦[東京ドーム]で田中マー君が完封で開幕12連勝(5対0)。ゴツイ投手になったものです。

 田中は、これで昨年から16連勝。40イニング無失点。16連勝は歴代4番目の記録。トップは松田清さん(巨人)と稲尾和久(西鉄)の20連勝(稲尾は57年の1シーズンで達成)。40イニング無失点はパ・リーグ歴代4位で、トップは杉浦忠さん(南海)で54回2/3。

 杉浦さんや稲尾の名前を引っ張り出すのですから、田中は大したピッチャーになったんですよ。ストレートとスライダーのワンパターンにカーブが加わったことで投球の幅が広がった、というより、自分でピッチングが面白くなったんじゃないかな。「いつもゼロに抑えるつもりで投げている」というセリフもいいですよねえ。

 9日現在で楽天は43勝31敗で首位。貯金12。田中は、この貯金分をそっくり稼いでいるのだから、まさにエースです。エースがいくら勝ってもチームは低迷というのは、過去ナンボでもありました。いい例が61年の西鉄で、稲尾がプロ野球史上最多タイの42勝をマークしてもチームは3位(稲尾についてはあとで書きます)。むしろこういう例の方が多いんじゃないですか。中日権藤博投手は61、62年と連続30勝以上しましたがチームは3位と2位。

 エースが勝ってチームもVペースというのは、チームの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

豊田泰光の“オレが許さん”

レジェンド・豊田泰光氏が球界を斬る!

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング