週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

日本ハム メンドーサ・“太陽の国”出身の頼れる助っ人

 


 来日4年目を迎えるルイス・メンドーサは日本の厳しい暑さもへっちゃらだ。「夏は大歓迎。暑ければ暑いほうがいいよ」と笑顔でサラリと言ってのける。「太陽の国」とも表現されるメキシコ出身。「暑いほうが体が良く動くんだ」とポジティブ思考で陽気なスマイルを浮かべる。

 昨季までの3年間で7月と8月に通算8勝をマーク。トータルの白星が24勝で、実に3分の1を夏場に稼いでいる。夏休み期間となり、日程も6連戦が主となる。チームにとっては厳しいスケジュールが続く中できっちり先発ローテーションを守って投げてくれる頼もしさもある。大好きな夏こそ、メンドーサが真価を発揮できる季節なのだ。

 この夏は、先発陣の軸としてフル回転が期待される。交流戦を終えた段階で5位と低迷する。リーグ連覇、2年連続日本一へ、これ以上の停滞は許されない。リーグ戦再開を控えた6月21日には札幌ドームでの全体練習中に栗山監督に呼び止められた。「ここからはメンディを中心に回したい、と言われたよ」。

 ここまで勝ち星は伸びていないが、数字に表れない貢献度は高い。今季、先発陣で開幕からローテをきっちり回っているのはメンドーサと加藤のみ。イニング数は交流戦まででチームトップを誇る。過去の実績、経験から踏まえても助っ人の存在感、期待は高まるばかり。「数字も伸ばしていきたいね」と上昇していく気温と同じように、白星も伸ばしてくれるはずだ。

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング