週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

中日・森繁和監督 チーム再建の道を歩む/指揮官が見据える2018

 

18年シーズンが指揮官2年目となる森監督


 2018年のスローガンは「原点回帰」で継続。しかし、それが意味する「原点」は変わった。森繁和監督は「もうゼロは終わった。強いドラゴンズに変えていこう、ということ」と説明。過去に戻るのではなく、新たな強竜時代の土台を築くことが最大の任務だ。

 就任1年目の17年は5位。5年連続のBクラスに甘んじた。それでも、前年最下位からの一歩前進に「足りないものはあるけども、それなりの手応えはあった」と振り返る。中でも小笠原慎之介鈴木翔太笠原祥太郎柳裕也ら投手陣と、新人王に選ばれた京田陽太の台頭は未来につながる材料だ。

 ただ、目指す道のりが険しいことは衆目の一致するところ。指揮官自身も「あと1本が出れば、あと1つのアウトを取れば、というところの難しさはしみじみ分かってくれたシーズンだった」と認めるように、勝敗を分ける1点の攻防において、上位陣との差はまだまだある。その上、本塁打王を獲得したゲレーロも退団。ドラフト会議前に「投手も、捕手も、打者も全部ほしい」と話したのは、偽らざる本音だろう。

「走ることも、打つことも、もちろん投手も、バッテリーを含めた守りも、17年の経験をどうやって18年に生かすか」

 就任2年目とはいえ、ヘッドコーチも含め、チームの中枢に座って連続5年目のシーズン。

「後半戦まで勝率5割でいけば、いろんな目標ができる」

 夢よりも現実路線で再建の道を着実に進む。

写真=BBM
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング