週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・柳田悠岐 1年通じて「絶好調モード」に/チャンスは任せろ

 

選手会長に就任した柳田。グラウンドの中でも外でもチームを引っ張る


 日本一連覇がかかる今季も、その類いまれな勝負強さで打線をけん引する。最高気温が30度を超す1月のグアム。柳田悠岐が、恒例となった阪神糸井嘉男らとの合同自主トレで例年同様に体をいじめ抜いた。午前中にランニング、補強運動などを行うと、午後はティー打撃。ネットを突き破らんばかりの打球をぶっ放した。チームがリーグV&日本一を果たした昨季は、リーグトップとなる.379の得点圏打率をマーク。「(今季は)みんながいい数字だなと思うものを残したい。自分が満足すんのが一番ですけど」。今季も、チームを勝利に導くための一打を打ちまくる覚悟だ。

 2月1日には春季キャンプもスタートし、2日目には侍ジャパンの稲葉篤紀監督が視察に訪れる中、初のフリー打撃でサク越え連発。推定飛距離130メートルの当たりも飛び出すなど早くも状態の良さを感じさせるが、柳田自身は「まだまだバッティングになっとらん」と満足はしていない。

 昨季以上の大爆発へ向けて、イメージはできている。「(昨季は)プロで一番いい感覚があった時期もあった。それをより多く発揮したい」。本人が語った打撃の理想は昨年の6月。同23日の西武戦(ヤフオクドーム)で見せた1試合3打席連発もあり、この月は12本塁打、打率.363、31打点で、2015年9月以来となる月間MVPに輝いた。この時期に重なった交流戦での得点圏打率は、驚異の.565。今オフは昨年6月をモデルに体づくりを行い、1シーズンを通して「絶好調モード」を維持し、チャンスでの強さもより高める意気込みだ。

 合同自主トレは今回で5度目となった師匠の糸井も「できあがっとるやん、アイツ」と漏らすなど、今季へ向けての気合はそのスイングに早くも表れている。鷹のトリプルスリー男が、今季もチャンスをものにしまくる。

写真=湯浅芳昭
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング