週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・谷川原健太 マスクをかぶるたびにたくましく/一軍デビューが見えた

 

一軍に身を置き、勉強の日々を過ごす谷川原


 ピンチの裏返しはチャンスである。高卒3年目の谷川原健太に千載一遇の一軍デビューのチャンスが巡ってきた。「(一軍は)初めての経験で楽しみや不安、緊張もある。受けたことのない投手も多いので。このチャンスを生かして、つかめるようにしたい」。初々しい表情を浮かべながらも、日々たくましく成長を続けている。

 連覇を狙うソフトバンクのアキレス腱ともなりかねないのが捕手事情だ。キャンプ中に実績のある高谷裕亮が右ヒジを痛め、クリーニング手術を受けた。同時期に伸び盛りの栗原陵矢も左肩を脱臼。手術を受け、復帰まで6カ月と長期離脱が決まった。昨年、急成長した甲斐拓也に頼りっきりの状況となっている。

 とはいえ、捕手という特殊なポジションだけに2番手、3番手の台頭が欠かせない。甲斐が侍ジャパンの一員としてチームを離れたため、谷川原は3日の阪神とのオープン戦初戦(ヤフオクドーム)で“開幕マスク”。バンデンハークとのコンビを組んだ。「緊張したけど楽しめたところもあった。送球と、股の下を抜かしてしまったのは練習しないといけない」と表情を引き締めた。

 甲斐の背中を追い、好投手の球を受けることでたくましくなっている。強打と俊足も売り。11日のロッテ戦(北九州)では先発マスクで二塁打をマークし、荻野貴司の二盗も刺した。「自信になったけど、まだ(捕球で)ポロポロしているのが反省です」。2年間で二軍戦の出場も13試合のみ。開幕一軍に向けて、猛アピールを続けている。

写真=湯浅芳昭
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング