週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・山崎康晃 初のセーブ王も射程圏内/ラストスパートに懸ける

 

8月22日の巨人戦は“鬼門”のハマスタで危なげなく9回を3人で締めくくり、25セーブ目をマーク


 絶対的な存在だからこそ、期待も落胆も大きくなる。ルーキーイヤーからDeNAの守護神を託されて4シーズン。試行錯誤を重ねながら、山崎康晃は確かに前進している。

「まずはチームが勝てたこと。それがうれしいです」と喜びをかみしめたのは4月10日の巨人戦(東京ドーム)。1点差の9回を3人で片づけ、入団4年目では日本人最速となる通算100セーブを達成。3、4月は10試合で9セーブ(1敗)と順調に積み重ねていった。

 6月を終えて28試合で16セーブ。昨年オフの契約更改で「彼を目標にしたい。自分が胴上げ投手になるというイメージを強く持ちたい」とサファテソフトバンク)を追いかけたように、大きな乱れもなく勝ち試合のベンチに安心感を与えた。

 ところが、後半戦初戦だった7月16日のヤクルト戦(横浜)で自己ワーストとなる5失点と炎上し、今季初めてセーブ機会に失敗した。さらに8月5日の広島戦(横浜)でも、同点の延長10回に勝ち越し点を献上。ここまで14失点はすべて本拠地で喫しており、ラミレス監督は「臨機応変に考えたい」と球場限定で配置転換の可能性を示唆した。

 7、8月の13試合で10失点と苦しんでも、8月7日のヤクルト戦(神宮)から4試合連続セーブ。広島の中崎翔太の29セーブに次ぐ25セーブを挙げ、初タイトルは十分な射程圏だ。4年連続20セーブも佐々木主浩(1995〜98年)に並ぶ球団記録。たゆまぬ努力がきっと、復権への道を切り開く。

写真=高塩 隆
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング