週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

楽天・則本昂大 「1000」を通過点にして/区切りのシーズンを終えて

 

チームの勝利につながる数字を積み重ねる


 代名詞の奪三振で節目の数字を突破した。則本昂大は4月6日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)で、通算1000奪三振を達成。958イニングでの達成は、藤川球児(阪神)、野茂英雄(近鉄)、石井一久(ヤクルト)、江夏豊(阪神)に次ぐ史上5番目のスピード記録だった。「積み重ねないとできない記録。そこは自分を褒めてもいいかなと思います」と淡々と話した。

 三振は目的ではなく、あくまで勝つための手段。その信念を貫くエースらしく、節目の1個は大事な場面でのものだった。1点差に迫られた3回、二死一、二塁。四番・内川聖一を最後はフォークで空振り三振に仕留めた。これで相手の流れを止めると、5連敗中だったチームに大きな白星を引き寄せた。

 それでもプロ6年目は、試練のシーズンだった。5月19日の日本ハム戦(札幌ドーム)では、1000投球回という節目も突破。最終戦では何とか新人から6年連続2ケタ勝利も達成したが、満足のいくシーズンではなかった。チームが最下位に沈んだこともあり「プロ生活の中で一番悔しい、情けないシーズン」と総括した。

 来季への思いは強い。今季は体調不良に苦しんだこともあり「1年間健康でいられるように、自主トレ、キャンプとしっかり体をつくっていきたい」。目標を聞かれると「優勝するために、僕も全力で腕を振りたいと思います。どんなタイトルより優勝が欲しい」と言い切った。「1000」の数字は通過点。チームの優勝のため、来季も数字を積み重ねていく。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング