週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ヤクルト・星知弥投手 大黒柱を目指して/増えた家族のためにも

 

目指す位置は先発ローテだ


 一家の大黒柱として、責任感は増している。今季3年目を迎える右腕・星知弥が2018年12月8日、東京都内のホテルで、同年1月に結婚した夫人・舞さんと挙式、披露宴を行った。

「(夫人には)普段から僕のことを支えてもらって感謝しかないです。ヒジの状態も良くなっていますし、しっかり活躍して養っていけるようにしたいです」

 愛妻のためにも、完全復活を目指す。星はルーキーイヤーだった17年10月に、疲労骨折をしていた右ヒジの手術を受けた。オフシーズンはリハビリに専念。開幕には間に合わなかったが、7月4日の広島戦(マツダ広島)でリリーフとして306日ぶりに一軍に復帰した。シーズン終盤からは再び先発に転向。同9月13日の巨人戦(東京ドーム)では6回2安打1失点と好投し、チームの勝利に貢献した。

「(夫人が)いてくれたおかげで、頑張ることができました」。リハビリ期間中も献身的に支えてくれたのが、舞さんだった。明大時代に交際がスタートし、自身のことを常にサポートしてくれた愛妻。右ヒジの状態が上がらない中でも、いろいろな方向から野球を考えるように助言されたおかげで、前を向くことができたという。

 18年は手術明けということもあり、18試合で2勝0敗、防御率4.02。「先発にこだわって、しっかり1年間投げ切りたい」と先発で勝負するつもりだ。愛妻の支えを受けながら、将来的にはヤクルトの大黒柱を目指す。

写真=BBM
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング