週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・藤岡裕大 先輩の背中を追ってさらに上を目指す/2019年に挑む若武者

 

藤岡は2年目でのさらなる成長を誓う


 ルーキーイヤーは遊撃手として143試合に出場した達成感は、一切ない。2年目を迎える藤岡裕大の心を支配しているのは、2019年はさらに上を目指さなければとの焦燥感だった。

「2年目も、まずは全試合に出る。そしてフルイニング出場し、ショートのポジションを守り抜けるようにしたい」

 昨年3月30日の楽天戦(ZOZOマリン)では「二番・遊撃」で開幕スタメン出場し、則本昂大から3安打。本塁打が出ればサイクル安打の衝撃デビューだった。

 だが、次第に執拗な内角攻めに苦しむようになり、結果的には打率.230、5本塁打、42打点。守備でつかんだ手応え以上に、打撃面での物足りなさは背番号4自身が一番よく分かっている。

 だから行動に出た。オフはトヨタ自動車時代の先輩である西武源田壮亮との合同自主トレを申し入れた。「社会人時代と比べて、(源田は)バッティングがはるかに良くなった。聞いても教えてくれなかったけど、プロに入ってからは引っ張る打球が多くなっている。自分もそこが課題だと思う」。打撃では藤岡の下馬評のほうが高かったが、プロ2年間で通算打率.274と順応している秘けつを一番近くで探るつもりだ。

「打率は.270以上で2ケタ本塁打は打ちたい。1年目は、チームは5位だったし、少しでも戦力になりたい」。自分の弱点を知り、克服しようとする者に道は開ける。藤岡は失敗を糧に、さらに上を目指そうとしている。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング