週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

中日・高橋周平 新主将は「引っ張っていく立場ではない」の考え/リーダーの決意

 

高橋の胸には、竜を模したキャプテンマークが輝いている



 2016年の平田良介以来となるドラゴンズのキャプテン。与田剛監督から「引っ張っていってくれ」と指名されたのは、今季8年目を迎える高橋周平だった。ドラフト1位、鳴り物入りで入団し、昨年初めて規定打席に到達。ようやく才能開花の兆しを見せた男に、大役が託された。

 「チームが盛り上がるようにやっていきたい。元気がないと思ったら、僕が先頭に立って、元気が出るようにしたい」。高橋はまだ25歳。チームには年長者が多い。「引っ張っていく立場ではない」と考え、明るい雰囲気づくりに注力する。そのための手段が声だ。「難しいことはできない。声を出すのが一番だと思う」と言う。

 「チームのためにそういう(主将)立場をいただいた以上は、第一にチームを考えてやりたい。やりたいというより、やらないといけないと思っている」

 口から発せられる言葉には、すでにリーダーとしての自覚十分。ただ責任を伴う立場だからこそ、グラウンドでの結果も、より求められる。レギュラーを奪取した昨年も、打率、本塁打などの数字には決して満足していない。黄金ルーキー・根尾昂が加入したこともあり、ポジション争いはさらに激しくなった。「とにかく僕は打つこと」。バットで勝負する決意だ。

 「不安を抱えてやってはいない。余裕がないと、自分のことだけになってしまう。少しでも周りが見えるようにしたい」。キャンプ中も目立つ高橋の声。若き主将は、存在感を発揮している。


写真=榎本郁也

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング