週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

楽天・ブラッシュ外野手 独特フォームの新四番/助っ人たちのシーズンイン

 

主砲として期待される新外国人だ


 大げさに言うなら、魔法のようだった。新外国人のブラッシュが、日本人には真似できないような芸当を見せつけた。

 2月23日、那覇で行われた巨人とのオープン戦初戦。2回の第1打席。ブラッシュは菅野智之が投じた真ん中高め151キロ直球を、左中間席最深部に放り込んだ。

 両足をピタリとくっつけ、高く構えたバットをほぼ地面と並行に揺らす。ヘッドは、投手側に大きく傾く。かつてロッテでも活躍したフリオ・フランコ氏を彷彿とさせる独特のフォームだ。

 視察した他球団のスコアラーが疑問視したのが、150キロを超える速球への対応力。「あのフォームでは(速球に)差し込まれる」と指摘したスコアラーもいた。

 ところが、どうだ。菅野の右手からボールが離れた直後、バットは驚異的な速度で白球をとらえた。先制ソロに「シンプルに、ベース上のストライクを強く振ることを心がけていた」と胸を張った。

 3回の第2打席は、巨人の2番手・野上亮磨が投じたカーブを左前へ運んだ。196センチ、106キロの恵まれた体格で、練習から熱心に取り組む。コーチ陣の助言にも素直に耳を傾け、ここまでは日本人投手の変化球にも対応している。

 現在の構えになったのは2017年終盤から。「バランスが良くなり、頭のブレも抑えられる。自分としては、サダハル・オーにも似ていると思っている」とマイナー通算169本塁打の助っ人砲。成績も、世界の王貞治に似せられるかどうか。楽天の新四番候補に注目だ。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング