週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・益田直也 背番号52が最も輝く場所/守護神たちの序盤戦

 

益田は再びロッテのクローザーとして輝きを放っている


 昨季、ルーキーイヤー以来となる6年ぶりの70試合登板を果たした益田直也はオフの契約更改の席上、常に胸の奥底にある思いを口にした。

「(投げたい回は)9回です。抑えれば一番気持ちいいし、打たれればガクッとくる。内(竜也)さんがいますけど負けないように頑張りたい」

 セットアッパーとしての地位が確立され、何より頼りにされている益田にとっては、この時点では現実的とは言いがたい目標だった。ただ、昨季の守護神・内が右ヒジの手術、代役を期待されていた新外国人レイビンは右肩痛などで出遅れた。思ってもみない形でストッパーの大役が巡ってきたのだ。

「経験がないわけでもない。井口(資仁)監督のために一つでも白星を取りたい」。プロ2年目だった2013年には33セーブでセーブ王に輝くなど、昨季まで通算61セーブ。3月29日の開幕戦(楽天戦、ZOZOマリン)で5対4の9回を抑え、今季初セーブを記録。4連勝した4月16日のソフトバンク戦(同)から20日の日本ハム戦(同)の間にも3セーブと、ブランクを感じさせない安定感を見せている。

 抑えにとって一番、大切なことを聞かれた背番号52は即答した。「絶対にマイナス思考にならないことです」。20日の試合ではお立ち台にも上がった。「前のカードで(日本ハムに)3連敗していたので、絶対に勝たないといけないと思っていた」と熱い言葉を吐いた。

 重圧は何倍にもなるが、益田という男にはこの仕事が一番、合っているのかもしれない。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング