週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ヤクルト・大引啓次 大事にする準備の時間/守備職人のプライド

 

常に場面を想定して練習する


 プロ13年目も、守備で勝利に貢献する。チーム内の「名手」と言えば、大引啓次だ。近年は途中出場が増えており、6月に35歳を迎えるベテランは、準備の大切さを口にする。

「練習からしっかり準備しといてという感じですね。今は、試合で急に行くことが多いので。難しいことは難しいですね」

 積み上げてきた実績と経験がある。オリックス時代の2012年には、遊撃手でパ・リーグ1位の守備率.987を記録。ヤクルトに移籍後の16年にも99試合で失策はわずか4、セ・リーグ1位の守備率.990と抜群の安定感を誇る。昨季は遊撃手で1試合の出場に対し、三塁手では44試合に出場しており、最近はホットコーナーを任されることが多い。

「ショートだったら、打球が飛んでくるまである程度の時間があるんですけど、サードは間が一瞬なので。ラッキーなバウンドだったり、アンラッキーだったり。なんとか一つでもアウトを取れるようにはやっていますね」

 難しさを感じながらも、さすがの対応力でカバーする。さらに、準備の時間ではあえて自身に重圧をかけることが、本番で最高のプレーを生んでいるという。「一番最悪のケース、一番難しい打球をさばくというか。試合前練習のときにあえて自分に負荷をかけてとか、難しいシチュエーションとか、常に終盤の1点差だったりとかを想定して守っている、数はいらないかな」と大引。守備の極意を知るベテランがチームを救う。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング