週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・Y.グラシアル パフォーマンスも魅力の優良助っ人/本領発揮はこれからだ!

 

早期復帰にも期待以上のパフォーマンスを見せるグラシアル


 打線のキーマンである柳田悠岐中村晃抜きでも、投手力で勝ってきた。ただ、ロースコアの試合では緊張感と閉塞感が強まる。そんな状況を打破したのがY.グラシアルだった。5月3日の楽天戦(ヤフオクドーム)で左ワキ腹痛から戦列復帰。いきなり本塁打を放ち、打線にもう一本、芯をつくった。自ら打ち、周囲へのマークも分散させた。

 4月6日に出場選手登録抹消。27日に三軍で実戦復帰した。月が替わって二軍で2試合に出場したところでの昇格。まだフル出場もしておらず、当初の予定では昇格検討はもう少し後だった。2試合で計1得点の貧打解消のため、急きょ前倒し。それでも「チームの状況は分かっていたから。とにかく早く一軍に戻れるようにやってきた」「自分には今までのキャリアがある。それが助けてくれた」と、こともなげに言う。

 工藤公康監督も最敬礼だ。「体が良くなってまだ(二軍で)2試合しか出てない中で上(一軍)に呼んで。感覚的には少しずつ戻ってきてはいるんでしょうけど、万全ではない中でしっかり結果を残して。すばらしい集中力。よく頑張ってくれている」。優良助っ人とは、このことだ。

 復帰した5月3日、グラウンドには映画『ロッキー』のテーマが流れた。試合後もトレーニングを欠かさず、いつもストイックな男。同郷キューバの助っ人勢の計らいだった。ホームラン後にシャドーボクシングで高谷裕亮をKOするグラシアルのパフォーマンス。これから何度も見られそうだ。

写真=湯浅芳昭

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング