週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ヤクルト・五十嵐亮太 輝ける40代に/序盤戦MVP

 

ベテランらしい安定した投球を続けている



 10年ぶりの古巣復帰で、結果を残し続けている。五十嵐亮太だ。2010年からメジャー・リーグに挑戦し、13年からソフトバンクに在籍。昨季は椎間板ヘルニアの影響もあって23試合の登板にとどまり、0勝1敗、防御率4.50の成績で、自由契約となった。

 そんなときに手を差し伸べてくれたのが古巣・ヤクルトだった。今年1月の入団会見時には「まさか戻れるとは。このユニフォームを着てやれる喜びがある。やってやるぞという気持ち」と意気込んでいた。その言葉どおり、チームの勝利に貢献している。

 開幕から一軍に帯同。4月5日の中日戦(神宮)では、ヤクルトで約10年ぶりの勝利を挙げ、万感の思いでお立ち台に立った。「去年の今ごろや、オフのことを考えて目頭が熱くなった」と苦しいリハビリを乗り越えてきたからこそ、こみ上げてきたさまざまな思い。その後も、恩を返すかのように好投を続けている。

 平成最後の試合となった4月30日のDeNA戦(横浜)では、同点の9回に登板。1回を無失点に抑えると、味方が延長10回に勝ち越したため、5勝目を手にした。球界で4月に5勝を挙げたのは14年のオリックス西勇輝以来5年ぶりで、球団では75年の安田猛以来、44年ぶりの快挙。すべてリリーフ登板で白星を重ねた。

 5月26日の時点で22試合に登板し、5勝0敗、防御率2.45。5月28日に40歳を迎える、日米通算22年目のベテラン右腕が、不振のチームを鼓舞する。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング