週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

西武・今井達也 未来のエースが理想とするストレートは?/わがチームの速球王

 

3年目の今季は開幕から先発ローテーションで躍動している


 最速154キロを誇る今井達也。直球の質は西武投手陣の中でも群を抜く。入団時から受けた捕手たちも「球の強さは菊池雄星(現マリナーズ)投手並。精度は涌井秀章(現ロッテ)投手、岸孝之(現楽天)投手以上。“抑えて当たり前”という投手になると思う」と絶賛してきた。

 2年目の昨年6月、デビュー戦で初勝利を飾った。だが、3戦目。6月30日の楽天戦(メットライフ)で岸と投げ合い、5回一死までに6失点を喫して降板。一方の岸は自慢のカーブを織り交ぜながら、巧みに西武打線を打ち取り7回無失点。実力の差を思い知らされた。試合後、何度も映像を見返すと、学ぶことばかりだった。最も痛感したのが緩急の大事さだ。「岸さんのカーブのように極端に遅い変化球が僕にはない。100キロ前後の球を持っておくことで投球の幅が広がる。いずれ覚えたい」

 そして今季、見事に100キロ前後のカーブを習得。それにより、「ベース板から、さらにもうひと伸びする」と言われる自慢の直球が、より一層生きているのである。5月5日の楽天戦(メットライフ)では最速153キロ、最遅94キロと球速差の大きい投球で相手打線を翻弄し、初の完封勝利を飾った。

 150キロ超の速球を持ちつつも、本人は「球速に興味はない」と断言。それ以上に、「質の良い球を投げること。引っかけたり、シュート回転せず、しっかりと指にかかった、クセのまったくない、浮き上がるような球を7〜8割の力感で投げること」を理想に掲げ、直球の精度向上を追い求めていく。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング