週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神・ドリス 常にチームの速球王であり守護神である/わがチームの速球王

 

自慢の真っすぐと鋭いフォークでセーブを積み重ね首位争いに貢献していきたいと意気込むドリス



 虎の速球王と言えばラファエル・ドリスだろう。球速だけでなく、身長195センチから投げ降ろす角度のついた直球は威力十分だ。

 開幕当初は一時期、体調不良もあったが順調にセーブを稼ぐ守護神は「スピードは気にしていないが、勝つことにはこだわりたい」という。

 常時150キロ台のストレートは健在。制球に固執しなければ、自己最多を更新するのは間違いないだろう。

 2017年8月29日のヤクルト戦(甲子園)の3点リードの9回一死で、山崎に対した4球目に161キロを計測した。

 16年藤浪が記録していた160キロを抜き、球団最速男になった瞬間で、当時のルーキー・小野にプロ初勝利をプレゼントした試合でもあった。

 ドミニカ共和国出身で102マイル(164キロ)が自己最速の右腕は「日本で超えたい」と全力投球を尽くす。

 16年オフに右ヒジ手術に踏み切って不安視されたが、メスを入れる前と比べても今季はさらに力のこもったストレートを投げるようにもなった。

 17年は37セーブ(4勝4敗)で最多セーブ王になると、昨シーズンはタイトルこそ逃したが、32セーブ(1勝7敗)を挙げた。

 本人は150キロ超のストレートに「いつもねじ伏せたいとは思っている」と言いながら、鋭く落ちるフォークを交えて打者をほんろうする。

 セットアッパーのジョンソンと抑えのドリスの勝利の方程式も確立。強力助っ人の最速男は「チームの1位は遠くない」とフル回転を約束した。

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング