週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・和田毅 通算勝利数、歴代最多なるか!?/交流戦のキーマン

 

交流戦開幕カードで約1年半ぶりの一軍マウンドに上がった和田


 汗ばむ陽気のファームで、心地よさそうに腕を振った。「翌日の肩に何事もなければ」と注釈はつけながら「どうだ、と聞かれたら、『いけます』と言いたい」と声を弾ませた。左肩故障からの復帰を目指す和田毅。5月29日のウエスタン・中日戦(タマスタ筑後)、今季7度目の二軍戦で最長の7回を92球で投げ切って、3安打無失点の好投を演じた。

 前の週、同じ相手に敵地で4被弾、5回6失点だった。そこで一念発起。打者の手元で小さく変化してバットの芯を外すツーシーム、カットボールをより生かそうと、プレートを踏む位置を一塁側から、メジャー時代のように三塁側へ変更した。「投げミスでも結構、打ち損じていた」。

 同学年の中日・松坂大輔の姿に「勇気をもらった。背中を押してもらえた。勝手にだけど」と笑う。登板前日、同じ場所で、松坂が右肩故障から実戦復帰。変化球で2回を完璧に抑える姿に感じ入った。「ああいう投球は大事。僕も昔みたいにバンバン空振り、ファウルは取れない」。プレートを踏む位置を変える決心を、固くした出来事だった。

 二軍から報告を受けた工藤公康監督は「投げた後の状態を確認して、問題がなければ考える」と復帰に言及した。ちょうど始まった交流戦で、和田はロッテ涌井秀章と並んで現役最多の通算24勝。『松坂世代』の盟友でありライバルだった杉内俊哉が歴代最多で通算26勝だ。2017年、DeNAとの日本シリーズ第4戦以来となる一軍マウンド(6月5日の中日戦=ヤフオクドーム)では5回2失点で勝ち負けはつかなかったが、この先何が待つか。

写真=湯浅芳昭

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング