週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

巨人・炭谷銀仁朗捕手 パを知り尽くしたジャイアンツの新たな頭脳/交流戦のキーマン

 

出場こそ限られるものの、原辰徳監督から高い評価を受ける巨人炭谷銀仁朗


 出番は少なくても、いぶし銀の存在感が光っている。西武からFAで加入したプロ14年目のベテラン捕手・炭谷銀二朗だ。

 今季は原辰徳監督が小林誠司大城卓三との捕手併用制を敷いているため、5月29日時点でチーム54試合中21(先発は17)試合の出場。それでも5月17日の中日戦(ナゴヤドーム)では、「連敗を止めること、とにかく勝つことだけを考えて準備した」と、スタメンマスクで6投手を1失点にまとめる好リードを披露しつつ、9回にはダメ押しの適時二塁打を放った。連敗を4で止める原動力となった炭谷に、原監督は「小林も非常に参考になったと思う。リード面において存在感があった」と高評価。随所でチームを助けている。

 そんな炭谷に期待がかけられるのが交流戦だ。西武時代は安定感のあるリードで長らくレギュラーに君臨。森友哉の台頭で昨季は47試合の出場にとどまり、8年ぶりに100試合に届かなかったことで、移籍を決断したが、パ・リーグのことは知り尽くしているといっても過言ではない。

 巨人は2014年に交流戦の優勝(1位)を果たして以降は、15年から11位、7位、10位、7位と振るわない。「パ・リーグで長くやっていた経験を生かせればいいなと考えています。とにかく、何でもチームの力になりたい」と炭谷。小林や投手陣にパの強打者の特徴を伝授し、野手にはパの投手の情報を伝える役割を買って出るつもりだ。古巣・西武との対戦にも「楽しみ」と語る炭谷が、交流戦での快進撃に導く。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング