週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

広島・田中広輔 「甲斐キャノン」をついに突破!/足で魅せる

 


 田中広輔が厚い壁を破った。6月7日のソフトバンク戦(マツダ広島)。昨年の日本シリーズでチームが6連続で盗塁阻止された捕手・甲斐から、鮮やかな二盗を決めた。四球で出塁し、次打者・小窪の3球目。千賀の投球モーションを完ぺきに盗み、絶妙のスタート。甲斐は二塁に送球さえできなかった。1回には菊池涼が二盗を試みたが、盗塁死が記録されていた。8度目の挑戦で「甲斐キャノン」を攻略。負の連鎖を断ち切った。

 実は3月23日のオープン戦(ヤフオクドーム)でも甲斐から二盗を決めている。こちらも会心のスタートだった。「公式戦でも決められたら」と話していたが、有言実行となった。

 17年には35盗塁を記録し、盗塁王のタイトルを獲得した。昨年もヤクルト・山田哲に1つ及ばなかったが、セ・リーグ2位の32盗塁をマークしている。投手のフォームを観察し、思い切ってスタートを切る。一瞬でトップスピードに乗り、最後は鋭くスライディング。その盗塁技術は、他球団から徹底マークされてきた。

 今季は5月終了時点で5盗塁。開幕から打撃不振に苦しみ、出塁率が低下。盗塁にチャレンジする機会自体が少なくなった。5月1日からは指定席だった一番の打順を外れ、下位に回った。続けていた連続試合フルイニング出場も6月20日に635試合で止まることになったが、シーズン終盤の踏ん張りどころ、そしてポストシーズンの短期決戦に向け、田中広の走力は貴重な武器になるはずだ。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング