週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ヤクルト・山田哲人 いよいよ本領発揮へ/夏男の季節

 

ここから猛チャージを見せたい


 夏と言ったら、背番号1の季節だ。山田哲人は9年目の今季、6月24日のオリックス戦(神宮)で2014年から6年連続となるシーズン20本塁打に到達している。球団では2001〜07年のラミレス(7年)に続き、1988〜93年の池山隆寛(6年)に並んだ。

 夏になると、急激に成績を上げてくる。昨年まで月間MVPに輝いたのは通算6度。2014年8月度、2015年7〜9月度、2016年6月度、2018年7月度とほとんどが夏季だ。決して暑さが好きなわけではないが、疲労が溜まりやすい季節に無理をせず、体を休ませるなど「積極的休養」をとることが好結果につながっているという。

 6月21日のロッテ戦(神宮)では先頭打者弾を放ち、セ・パ両リーグの全11球団から本塁打を記録。2016年以来、3年ぶり2度目の達成に「しっかりと自分の間で、理想的なスイングができました」と納得の表情を浮かべた。一時は成績も落ちていたが、7月を迎え、調子が上向いてくることを期待せずにはいられない。

 昨季まで7月は通算486打数161安打の打率.331、8月は同545打数164安打の打率.301と数字でも夏男ぶりが分かる。現在、チームは最下位に低迷。「ファンのためにも勝たないといけない。気持ちだけはしっかり持って、粘り強くやっていくしかない」と責任感を持ち、得意の夏にチームを浮上へと導く。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング