週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神・小幡竜平 一番・ショートのレギュラーを獲る!/待たれる一軍デビュー

 

高卒1年目からファームのスタメン回数が多い小幡。目標は1日でも早く「一番・遊撃手」のレギュラーになることだ


 将来性を買われているのは小幡竜平だ。高卒1年目のショートストップ。ファームでは「二番」か「九番」で起用されながら伸びシロを感じさせている。「自分のイメージでは一番・ショートです。鳥谷(鳥谷敬)さんのような日本を代表するショートになることが目標です」

 小幡が「順位は違いますが、プロに入ったら同じ。負けたくないです」とライバル心をムキ出しにしたのはドラフト同期生たちの動向だ。2019年ドラフト2位。大分県出身。宮崎・延岡学園高では3年春のセンバツに出場した。ただ同級生の根尾(中日)、小園(広島)らが注目度で上をいった。フレッシュオールスターでも全ウの遊撃についたのはMVPにもなった小園。小幡は「刺激になりました」と無安打を悔いながら次の舞台を見据えている。

 強肩で巧打者。内野出身で直接指導する高代二軍チーフコーチは「典型的な遊撃手タイプ。教えていても飲み込みが早い」とレベルアップを期待する。名ショートで鳴らした平田二軍監督も「スライディングの速さなども含めて総合的にセンスの良さを感じる」と称賛。厳しく指導していくつもりだ。

 プロ入り後初めてウエスタン戦の甲子園でプレーした小幡は「超満員になった球場では鳥肌が立つんでしょうね」。小幡だけではなくファンもその瞬間を心待ちにしている。

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング