週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・荻野貴司 これが背番号0の本領/タイトル争い参戦中!

 

故障もなくシーズンを駆け抜けている荻野


 まるで打ち出の小づちのように荻野貴司のバットからヒットが生まれている。7月4日のオリックス戦(京セラドーム)で2安打し、連続試合安打は自己新記録となる20の大台に到達。首位打者争いに加わりながら、不名誉な代名詞だった「故障」ともここまでは無縁のシーズンを送る。

「打撃ではしっかりと引きつけることを意識し、追い込まれれば打つポイントを下げ、対応できるようにします。詰まってどこかに落ちてくれればラッキーです」

 決して大振りはしない。バットを短く持って、コンパクトな軌道で振り切る。原点は2010〜12年と18年の2度、師事した金森栄治打撃コーチ(現楽天打撃チーフコーチ)との出会いだ。バットを体に巻き付けるようにし、体を回転させる打法がぴたりとはまった。「それまでは振り回していた」と荻野。打撃はプロ入り早々に固まった。ただ、毎年のように故障を繰り返し、昨季までの最多は17年の103試合。フル出場は一度もなかった。

 断捨離が荻野を変えた。「これまでは打てないと、試合後、居残り練習をしたりしていましたけど、今は体のケアを優先し、通常の状態に戻すことを心掛けるようになりましたね」。今年10月には34歳になる。居残り練習で失敗を後悔するより、次の試合へ万全の準備をするよう考え方を変えた。結果、これが故障の予防につながり、パフォーマンスを上げている。

 プロ入り10年目。図抜けた身体能力を誇る背番号0が、まだまだ初タイトルを視界の中にとらえている。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング