週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・高橋純平 すべての面で一軍レベルに/飛躍のシーズン

 

登板を重ねるごとに信頼を高めていった高橋純


 助走が長かった分、4年目の今季、大きく飛躍した。6月29日の日本ハム戦(札幌ドーム)。1点ビハインドの8回に二死二、三塁のピンチを迎えた高橋純平が、フルカウントから中島卓也を空振り三振に斬って取った。7回途中から1回2/3を無失点にしのぐと、直後の9回に上林誠知が逆転2ラン。プロ初勝利が転がり込んできた。「まったく(初勝利を)予想しなかった。先輩方に感謝です」。5月下旬から好投を続け一軍に定着した右腕は、ようやく手にしたウイニングボールを大事そうに握りしめ笑みをこぼした。

 県岐阜商高3年春の甲子園の活躍で全国区となり、2015年秋のドラフトで3球団競合の末、1位入団した。だが、昨季までの3年間で一軍登板は17年の1試合のみ。転機のきっかけは昨年11月にウインター・リーグ参加のためプエルトリコを訪れたことだった。「150キロ台後半を投げる投手ばかりだろうと思っていたけど、意外に曲げる投手が多く、僕のほうが速いと自信を持てた」。これまでは制球を気にし過ぎていたが、自信を持って腕を振れるようになったことで、球威で押す投球を身につけた。

 初白星を挙げた翌6月30日の同カードも1点ビハインドの7回のピンチを抑えて2日で2勝目を手にした。その後は勝ちパターンでの登板を任され、今季は45試合に登板。工藤公康監督も「勇気と度胸も付き、すべての面で一軍レベルになった」と、就任後初めてドラフトで引き当てた右腕を頼もしそうに見つめている。

写真=高原由佳

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング