週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

中日・阿部寿樹 倍増の可能性にも動じない/どうなる!?契約更改

 

初めて規定打席に到達した30歳の阿部寿樹


 開幕からスターティングメンバーに名を連ねた阿部寿樹は、今季大きな飛躍を遂げた。一時的にスタメンを外れることもあったが、最後までレギュラーとして駆け抜けた。入団4年目にして初めて規定打席に到達。それどころか、打率.291の堂々たる数字で、セ・リーグの打率十傑(10位)に名を連ねた。

 契約更改交渉を控える秋になると、昨年までは「あまり気にはしてなかったですけど……」と言いつつも、「契約してもらえればいいかなと思っていました」と言うのが胸の内だった。今年は「あまり気持ちは変わらないです」と、そこまで胸躍らせているわけではないが、先の“契約してもらえれば”という心境とはもちろん違う。大幅アップが確実である。

 今季の推定年俸が950万円。ベースが低いこともあり、3倍増とまではいかなくとも、200パーセントアップは堅いだろう。一気の3000万円超えもあるかもしれない。しかし、阿部は浮かれるどころか、来季へ向け、日々、精力的に汗を流し続けている。

 シーズンの中ごろから、「体を大きくしたいです。食は落ちないけど、体重はギリギリ。いつもギリギリなんです。だから、オフにパワーアップして、打球を強くしたい」と話していた。秋季練習中は本格的にまだ増量に取り組んでいないが、打球を強くするためオフも返上し、ナゴヤ球場で振り込んでいる。バラ色のオフが待っていようとも、実直で勤勉な“マスター”は、なんら変わっていない。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング