週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

楽天・釜田佳直 10個のボールを妻へ/来季の復活を誓う

 

故障からの完全復活は近い


 復帰星から、約7カ月が経過した11月下旬。釜田佳直は4月に勝ったときの喜びなど、忘れてしまったようだった。

 昨年6月に右肩と右ヒジを手術。4月21日のオリックス戦(楽天生命パーク)では6回途中3失点の粘投で、665日ぶりの白星を飾った。だが一軍での登板は、この試合を含めても5試合のみ。今季は1勝1敗、防御率5.40という成績に終わった。

「体は元気でした。二軍では、ほぼ先発ローテーション守り続けたけど、なかなか一軍で登板する機会がなかったので」。体は万全だっただけに、悔しさだけが残った。

 例年よりも結果を求めたシーズンだった。昨オフに一般女性との結婚を発表。常に献身的に支えてくれる妻への感謝の思いを忘れた日はない。

「食事はもちろん、野球以外の身の回りのことも含めて、僕が野球に集中できる環境を作ってくれている。なんとか結果で恩返しがしたいです」

 倉敷秋季キャンプでは、あらためてシュートの習得にも取り組んだ。「もともとは投げていた球でしたが、メーンとなる球種ではなかった。精度を上げて、自分の投球の幅を広げたい」と意気込む。

 ウイニングボールは、愛妻に渡すと約束している。渡したボールは、まだ1個だけ。「来年はあと10個ぐらいあげられるように頑張りたい。まだまだ1年間、フルに投げられることをアピールしていきたい」。来年こそ、完全復活を遂げてみせる。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング