週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

オリックス・大城滉二 目指すものは、ただ1つ/来季の復活を誓う

 

今季91試合に出場も、7月末に故障離脱。もう1度、レギュラー奪取を狙う


 まさかの途中離脱で、大城滉二は悔しいシーズンを過ごした。

「1年間を通して離脱しないこと。一軍にいて結果を残すだけです」

 7月31日のロッテ戦(ZOZOマリン)。腰痛を訴えてベンチに退いた。翌日に出場選手登録を抹消。リハビリ生活へと転じた。

「もうだいぶよくなっています。普通に動ける状態なので。順調にきてます。ただ、どうしても練習の制限がかかる。まだ追い込んだりはできない。少しずつは戻ってきています。2月のキャンプまでには戻れるように進めています」

 大阪・舞洲の室内練習場では、乾いた打球音が響く。練習相手はいない。大城は黙々とマシン打撃を続ける。今季は91試合に出場。つかみかけたレギュラーを目前に、体が言うことを聞かなくなった。

「思うような結果は残せてない。1年間ずっと波なく活躍できるシーズンにしたい」

 主に二遊間、そして外野も守り、出場機会を伺ってきた。来季がプロ5年目。その表情からは並ならぬ決意が垣間見える。

「若い選手も増えた。でも自分は自分のやるべきことをやるだけ。まだ規定打席に到達したことがないので、どうにか到達したい。一軍にいても打席に立たないと意味がない。そこは目指していきたいと思います」

 西村徳文監督も「ポジションは競争の中で確立されるもの。リハビリから戻ってきたら大城にももう1度争ってもらう」と期待を寄せる。目指すは不動のレギュラー。だから今、大城は目をぎらつかせる。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング