週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

広島・薮田和樹 下半身主導で3年前の感覚を/来季の復活を誓う

 


 2017年に15勝を挙げ、自己初のタイトルとなった「勝率第一位」を獲得し、チームのリーグ優勝に大きく貢献した姿は今年もなかった。大きな期待を背負って臨んだ18年シーズンは9試合の登板にとどまり、2勝1敗。復活をかけて臨んだ今季は4試合の登板で0勝2敗、防御率9.24。プロ入り後初のゼロ勝に終わった。

「数字を見てもらったら分かる通り、悔しいシーズンでした」

 リーグ4連覇を懸けて挑んだ今季は、これまでの疲労が蓄積したのか、3連覇を支えてきた主力選手が不振や故障により離脱。その影響もあってか、シーズンが深まるにつれて、チームは失速し、クライマックス・シリーズ進出をあと一歩で逃した。セ・リーグの絶対王者から一気にBクラスの4位にまで転落した。

 チームが王座を奪還するには薮田和樹の復活は必要不可欠だ。不振の原因について薮田は「それは分からない。それが分かったときにはもう1回勝てていると思います」と頭を悩ませながらも、復活へ一歩ずつ歩みを進めている。若手中心で組まれた秋季キャンプにも参加し、走り込みのメニューでも懸命に取り組み、背中で若手選手を鼓舞した。

 秋季キャンプでは下半身主導で力を出すことを意識したフォームに取り組んだ。17年と比べ、「感覚はそんなに大きな差はないです」と話す。来季自身に求める姿については「理想は開幕から先発ローテーションに入って、全試合勝つことです」と覚悟を口にした。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング