週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・井口資仁監督 悲願達成へ機運高まる/指揮官が見据える2020

 

2020年、井口監督はリーグ優勝しか見ていない


 3年契約最終年となる2020年シーズン。井口資仁監督は、球団では1974年以来となる「勝率1位でのリーグ優勝」を目標に掲げた。

 楽天からFAで美馬学を獲得。開幕投手候補に挙げるなど先発陣の柱として期待する。19年に8勝を挙げた種市篤暉、5勝の岩下大輝、新人の小島和哉が3勝と若手が軒並み結果を残した。通算51勝の実力派右腕が加入し、厚みが増した先発陣について指揮官は「就任当時は先発の名前がなかなか出てこなかったが、いろいろと出てくるようになった。19年のルーキーも含め20年の先発を考えると数多くいる」。ベテランの石川歩佐々木千隼、左腕では土肥星也中村稔弥も開幕ローテ候補だ。

 元広島でNPB通算92ホールドのジャクソン、前楽天のハーマンも獲得。19年は7、8回に逆転されるなど終盤の勝ちパターンが課題だったが、その穴を埋められそうだ。

 野手陣ではソフトバンクからFAで獲得した福田秀平を二番で起用するプランを温める。「(荻野)貴司とうまく絡ませることができれば。2人の足でかき回す打線になればその後のクリーンアップにつながる」と力説。19年チームトップ28盗塁の一番・荻野との快足コンビで得点機を演出し、三番・中村奨吾から井上晴哉レアードの大砲コンビで走者をかえす得点パターンを描く。

「2019年は4位でしたけど、チームは確実に力をつけている。2020年はCS争いではなく、最後まで優勝争いをする。3年目で結果が求められる」と井口監督。大規模補強と若手の台頭。悲願成就への機運は高まっている。

写真=BBM
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング