週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

日本ハム・近藤健介 悲願の首位打者獲得へ/目指せ!初タイトル

 

自身初の首位打者のタイトル獲得を目指す近藤


 今シーズンこそ是が非でも獲得しなければいけないタイトルがある。首位打者だ。「ずっと言い続けている目標。何としても獲りたい」。天才的な打撃技術は誰もが認めるところ。侍ジャパンでも主力打者として活躍するようになり、機は熟している。そんな近藤健介が見据える首位打者獲得のラインは打率.350。この男のポテンシャルなら十分に狙える数字だ。

 昨季も期待されたが、欲するタイトルには届かなかった。打率は.302で普通のバッターなら好成績も近藤の場合は違う。「成績に関しては最低ライン。昨シーズンはずっとバッティングの状態が悪かった。良かったのは5月くらいだけで。あとはまったくダメだった」という。

 調子が悪くても3割を維持する力は並大抵ではない。実力の高さが分かるコメントでもあるが、その技術をさらに高めなければ首位打者のタイトルは取れないとも自覚している。

「今のままでは絶対に無理なので。オフは試行錯誤しながらやっていきたい。(技術的には)変化を怖がっていてもダメ」と自主トレ期間の課題としてきた。

 1月は毎年恒例の鹿児島・徳之島でトレーニングを行い、一緒に参加した広島西川龍馬に打撃技術のヒントをもらった。今シーズンから新たに3年契約を結び、腰を据えて臨む1年。背番号8が悲願のタイトル獲得となれば、そのときはチームも4年ぶりの大願成就しているはずだ。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング