週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

オリックス・安達了一 安心感ある守備を続けて/目指せ!初タイトル

 

内野の要・遊撃手として、今季もチームを鼓舞していく


 堅実な守備で初めてのタイトルを狙う。主に遊撃を守る安達了一は、ゴールデン・グラブ賞の獲得に意欲を見せた。

「自分は難しい打球を簡単に捕れるようにと心掛けてます。ここ(遊撃)に飛んだら大丈夫と思ってもらえるように。究極は(失策)ゼロを目指したい」

 規定試合数以上の出場で無失策ならNPB史上初。不可能に近いことでも、強い気持ちで向かっていく姿勢が安達にはある。

「体が、ほかの人よりも弱いので。体幹、バランスを中心に体づくりを。焦らず、体調を見ながら。(開幕から)自分は出るつもりでやっています」

 2016年に発症した難病「潰瘍性大腸炎」を患いながらプレーを続けている。昨季はシーズン序盤に二軍落ちも経験したが、56試合に出場し、打率.277の成績を残した。打撃面での手応えも実感しているが「自分は守備で引っ張るタイプ。(初タイトルは)獲れるなら獲りたいですね。名前を残したい気持ちはあります。そのためには試合に出て、チームも上位にいかないといけないので」とゴールデン・グラブ賞の獲得を視野に入れ、オフシーズンを過ごした。

 パ・リーグの遊撃にはソフトバンク今宮健太西武源田壮亮ら、広い守備範囲を誇る好守のプレーヤーがたくさんいるが「イメージアップですね。投票する記者の方にも認めてもらえるような守備で、タイトルを狙いたいです」と、新シーズンへ向けて気合を入れた。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング