週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・楠本泰史 虎視眈々と空いた一角を狙う/レギュラー争いダークホース

 

ボールをとらえるミート力は天性の素質を感じさせる。3年目の今季、ライバルとの競争に勝っていきたい


「ポスト・筒香」の座をつかむのは誰か。ラミレス監督は若い佐野恵太を新主将に抜てきして四番の後継者に指名したが、空いた外野の一角を狙う有力選手は他にも多い。今季大きく開花する予感を漂わせるのが3年目の楠本泰史だ。

 巧みなバット操作は、プロ1年目に打率3割以上をマークした坪井智哉打撃コーチが「入団時からほとんどいじる必要がなかった」と称賛するほど。昨季はオープン首位打者に名乗り出て、開幕戦で2安打3四死球と強烈なインパクトを残した。勢いを続けることはできなかったが、6月9日の西武戦(横浜)で代打逆転満塁本塁打を放った。プロ初ホームランで記録するのは1975年の久保俊巳広島)以来、プロ野球史上以来2人目の快挙だった。

 オフは同僚の伊藤光と自主トレを行い、歩行姿勢など体の使い方を一から学び直した。その中で「筒香さんは『私生活から野球につながるように』と仰られていたのを思い出した」。入団以来、受けてきた助言の意味もより理解できるようになり、打撃フォームの改善につながっているという。

 レギュラー定着のチャンスという声については「自分で一番分かっている」と口元を引き締める。その一方で「これまでは気合いが入りすぎて空回りしてきた。今年はそれを意識せず、自分のやるべきことに集中する」とも。新外国人オースティンや復活を期す桑原将志、長距離砲の細川成也らライバルは多いが、静かに燃やす闘志は、手応えの証しだ。
写真=太田裕史

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング