週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

中日・郡司裕也 扇の要争いに参戦するルーキー/レギュラー争いダークホース

 

郡司はルーキーイヤーから正捕手争いに参戦する


 1月13日。新人合同自主トレを視察した伊東勤ヘッドコーチはある新人の動きにじっと目を凝らし、こう言った。「打つに越したことはない。でも捕手はやっぱり守ることが最優先になってくる。ただ、チャンスはあるよね」。視線の先にいたのはドラフト4位の郡司裕也。昨秋の明治神宮大会で慶大を日本一に導いた「勝てる捕手」だ。

 昨季は一塁のビシエド、中堅の大島、三塁の高橋、二塁の阿部がリーグの打率10傑に入り、遊撃の京田陽太も3年連続で規定打席に到達した。右翼には平田良介、左翼には昨季18本塁打の福田永将とケガからの復活を目指すアルモンテがいる。白紙なのが扇の要。昨季も固定はできなかった。

 強肩を買われ、チーム最多の75試合で先発マスクをかぶった加藤匠馬もシーズン途中に二軍落ちがあった。伊東ヘッドは「そこそこできるようにはなったけど、一本化できなかった」と指摘。経験のある大野奨太、打力が魅力の木下拓哉桂依央利、2年目の石橋康太を含め、現状は横一線。キャンプ一軍スタートとなった郡司も候補の一人となる。

 練習試合やオープン戦の起用について、伊東ヘッドは「最初は順番に、みんなを使っていくことになると思う。競争して勝ち取るしかない」と全員に奮起を促した。2リーグ分立後、中日で新人捕手の開幕スタメンはない。「開幕一軍を目指してやっています。しっかり準備していきたい」と意気込む郡司。開幕マスクを勝ち取れば球団史に名を刻むことになる。

写真=榎本郁也

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング