週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

楽天・鈴木大地 球団待望の元気印/チームに新風を吹き込め!

 

すでに欠かせぬ存在となりつつある


 速射砲のように浴びせられる打球に、鈴木大地が食らいついた。久米島キャンプ第2クール初日の2月6日。鈴木大がキャンプでは自身初の特守で、三木肇監督から直々にノックを受けた。

 一、三塁の守備位置で合計182球。イレギュラーなバウンドにも「試合なら、ありえる」と機敏に反応した。柔らかいグラブさばきからのスローイング。流れるような動きだった。

 一緒に特守に臨んだのはドラフト2位の高卒新人・黒川史陽。黒川はスローイングを免除されていたため、鈴木大には休む暇もなく打球が浴びせられた。それでも、後輩への思いやりは終始忘れなかった。

 ルーキーが苦悶の表情を浮かべると「頑張れクロ」と励まし続けた。約1時間、ともに汗を流した黒川は「ロッテ時代からあこがれていた方。一緒にノックを受けることができて、本当にうれしかった」と感謝した。

 どんなときでも明るく声を出し、チームを引っ張る。こういったタイプの選手は、現在の楽天には多くない。実は黒川が1人で特守を行うと聞き、自ら志願したという。若返りを図ろうとするチームにとって、鈴木大は欠かせない存在だ。

 三木監督も「大地はゲームを想定し、工夫しながら捕っていた。テーマを持ってやっているというのが(ノックを)打っていて分かるよね」と絶賛した。まさに生きた教材と呼べるマルチプレーヤーは、7年ぶりのリーグ優勝を狙うチームに新たな化学反応をもたらしてくれそうだ。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング