週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・森敬斗 躍動する高卒ドラ1/チームに新風を吹き込め!

 

キャンプで着実に評価を上げている森


 与えたインパクトは計り知れなかった。ラミレス監督の言葉が象徴していた。「すごく大人に見えた。高卒で来たとは思えないぐらい落ち着いていた。間違いなく、将来のスーパースターになれるだけのものを持っている」。2月8日に行われた紅白戦。注目を集めたのは森敬斗だった。二軍から招集され「ちゃんとアピールしようという気持ちで臨みました」と集中。6回二死から代打で起用されると、いきなり結果を残してみせた。2ボールから右腕・進藤拓也の直球を中前へ。プロ初打席初スイングで初安打を記録した。

「プロになりたい気持ちが強かった。1年目から一軍の試合に出て、長く結果を残せる選手になりたい」。昨年のドラフトで単独1位指名。将来の正遊撃手として大きな期待を背負った。託された背番号は巨人坂本勇人ソフトバンク今宮健太らと同じ「6」。「6が似合う選手になる」と新たな一歩を踏み出した。新入団会見では「前日に考えた」と『泰銘』の造語で決意表明。「何事にも動じない。一つのプレーでファンに感動を与える」と具体的な目標を掲げ、強い責任感もにじませた。

 遊撃はレギュラー格の大和を中心に、倉本寿彦柴田竜拓らで競争する構図。当面はファームで育成される方針だが、50メートル5.8秒、遠投120メートルの18歳には無限の可能性がある。19日、ロッテとの練習試合(宜野湾)では初の一軍戦出場で1安打。21日の中日二軍との練習試合(宜野湾)でも1安打&盗塁をマークするなど着実に結果を残している。

 攻守走そろった左打ちの新鋭。不動のリードオフマンとしてベイスターズで一時代を築いた石井琢朗(現巨人コーチ)のように、ハマスタを沸かせる日は遠くない。

写真=大賀章好

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング