週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

オリックス・榊原翼 波に乗ると止めらない/わがチームのムードメーカー

 

マウンド上でも感情をむき出しにする右腕。姿勢でチームを鼓舞する


 マウンドで張り上げる声で、チームを勢いに乗せていく。榊原翼は、練習中からよく声を出す。

「練習は明るい雰囲気でやっていかないと、って思ってますね。試合は集中してマウンドにいるので、抑えたときは声を出しますけど。元気よく練習して、野球がうまくなれたらと思ってます」

 今春キャンプも存在感はピカイチ。投内連携の練習でも、ひたすら明るく、練習場のサブグラウンドではチームメートに愛されていた。ブルペンでも異彩を放ち、投球練習は試合を想定して打者の内角を突く。良いコースに決まると「よっしゃ!」と声を上げる。相乗効果もあってか、10人が同時投球できるキャンプ地・清武のブルペンは、いつもにぎわっていた。

 普段からキャッチボール相手を務める山岡泰輔は「バラ(榊原)は全力か(パワーが)ゼロか。どっちかにしかならない。気合が入っているからね」と証言。調子が極端になる場合もあるが、波に乗ると止められなくなるのが榊原の魅力でもある。

 今春キャンプ中のオープン戦や練習試合で、思うような結果を残すことができず、現在は二軍で調整中。「下半身が使えていなかった。(西村徳文)監督とも、そういう話になった。それができないようじゃ、ダメ。もう一度、やり直します」と室内で黙々と汗を流している。

 悔しさを押し殺して、進むしかない。「まだまだ、やることがあるんで」と話すムードメーカーは、決して下を向かない。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング