週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神・西勇輝 どんな対戦相手でも開幕投手は決まり/開幕を待つエース

 

開幕がいつになるか分からないなかでも、しっかりと調整をしている西。矢野監督からの信頼も絶大だ


 いつ開幕でもマウンドに上がるのはこの男しかいない。移籍2年目で大役を務める西勇輝が順調な仕上がりをアピールしている。「開幕を任された責任がある。今はしっかりと準備することしか頭にありません」

 西本人にとってオリックス時代の2018年以来、2度目の開幕投手になる。阪神での日本人開幕投手となれば、14年の能見までさかのぼる。

 オープン戦で3試合に登板、計10イニングを1失点と抜群の安定感を示しただけに、残るは3月20日のヤクルト戦(神宮)を待つだけだった。矢野監督も「モチベーションを保つのは難しいし、言い訳ができないのも分かっている」と昨季の勝ち頭に懸ける思いを吐露していた。

 開幕が大幅延期になっても、西は「この時期だからやれることがある」と工夫を凝らしながら体を動かしてきた。開幕までの最終登板は3月13日オリックス戦(京セラドーム)だったが、これを回避すると独自の調整で汗をかいた。球場施設が使用できない日々も公園、自宅でトレーニングを続けた。心身ともにアップダウンを考慮しながらキープしてきたのだ。

「すべてにプラスに考えています。本当に開幕したときを考えながらやってます。自分のパフォーマンスをみせたいですね」

 開幕カードの相手は不透明だが、西の開幕は不動だ。「勝つことに意味がある」。虎のロケットスタートは西にかかっている。

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング