週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・千賀滉大 七夕に帰ってきたエース/離脱者たちの現状

 

エース・千賀の復帰はチームにとって大きな影響を及ぼした


 ファンの願いを叶えるべく、誰もが待ちわびたエースが帰ってきた。それも抜群のインパクトとともに。7月7日、七夕の楽天戦(PayPayドーム)。右前腕部の張りなどで出遅れていた千賀滉大が今季初先発に挑んだ。初回、先頭・茂木栄五郎の4球目には昨季の開幕戦で出した自己最速に並ぶ161キロをマーク。無観客の静かな本拠地で全快をアピールした。5回3失点と決して満足のいく結果ではないが、価値ある白星をつかんだ。「野手、中継ぎの方のおかげ。週の頭で5回で終わっているようじゃ、いきなり来て足を引っ張っているようなもの」。背負うものが大きいからこそ、自己採点も厳しい。

 年明け早々から歯車が狂った。1月の自主トレ中に右ふくらはぎの張りを感じ、2月のキャンプでは右前腕部の違和感を訴え、ノースローも続いた。当初開幕予定の3月20日ではマウンドに立てる状態ではなかったが、開幕の延期がプラスにも働いた。「見つめ直すものがあった。今までの千賀とは変わったぞ、違うぞと思われるような期間にしたい」。自主練習期間に少しずつ状態を上げ、6月7日の二軍練習試合で戦列に戻ってきた。

 復帰した以上は、開幕投手を務めた東浜巨と両輪の活躍が求められる。今季は8月下旬まで同一カード6連戦の変則日程でカード頭の重要性は増している。7月14日のオリックス戦(京セラドーム)でも6回2失点で2連勝。「週の頭でしっかり投げられるように」と責任を感じている。本来ならシーズン中盤だったところが、開幕まもなくして復帰した。七夕に帰ってきたエースが3年ぶりのリーグ優勝に導く。

写真=湯浅芳昭

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング