週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・戸柱恭孝 取り戻しつつある信頼と自信/チームを支える扇の要

 

リード面でも若い投手をけん引する


 巻き返しを期し、それを現実にした。頂点とどん底の二極を体験したから、戸柱恭孝に慢心はなかった。プロ5年目。昨年までなら考えられなかったような充実ぶりだ。シーズン前は伊藤光で盤石だった正捕手争い。初の先発マスクは開幕3戦目(6月21日、広島戦=横浜)に訪れた。チームは連敗スタート。先発の柱として成長することになる平良拳太郎や救援陣と呼吸を合わせ、2対1のロースコアで今季初勝利へ導いた。

 DeNAが長く固定できなかったポジション。即戦力として2016年にドラフト4位で入団し、ルーキーイヤーから124試合に出場した。新人捕手では球団初の開幕スタメン。翌年も112試合と地位を固め、2年連続で球宴にも選出された。順風満帆のキャリア。そこからの大不振は、ラミレス監督にとっても計算外だったはずだ。一昨年25試合、昨年も45試合。「僕は試合に出させてもらっていた立場。出て当たり前みたいな余裕とか、おごりみたいなものがあったと思います」とは二軍暮らしだった頃の言葉だ。折れかけた心を前へ向かせてくれた1人が、当時の万永貴司二軍監督。「ここで腐ったらいけない。お前は絶対、このチームに必要な人間だから」と励ましを受け、再び立ち上がった。

「点を取られたら二軍。打てなくなったら二軍……」とこれまでのマイナス思考を排除した。原点回帰。「1試合1試合、1球1球をムダにできない」と言い聞かせてきた。平良や大貫晋一の成長を下支え。打撃面は2割前後と発展途上でも、得点圏では打率.320と勝負強さも見逃せない。戻りつつある信頼と自信。まだ、V字回復の途中だ。

写真=榎本郁也

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング