週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・益田直也 優勝へフル回転のタフネス右腕/タイトル争い参戦中!

 

現在、両リーグトップの23セーブ。9回のマウンドを守り抜き、優勝へ邁進する


 守護神・益田直也がプロ9年目で2つの節目に到達した。

 8月7日のオリックス戦(京セラドーム)で、史上33人目の通算100セーブを達成すると、3週間後の28日のオリックス戦(京セラドーム)では、通算500試合登板を果たした。どちらの記録にあたっても「体を丈夫に産んでくれた母のおかげ」と感謝し、妻や子どもたちへの思いを口にした。

 8月は12試合に登板して8セーブを挙げ、防御率0.75の安定感を誇り、チームの快進撃を支えた。通算500試合登板を果たした28日のオリックス戦では、両リーグトップとなる18セーブ目をマーク。2013年以来、7年ぶりとなる最多セーブのタイトルも視野に入っており「リーグ優勝して、ファンの皆さんに見せたい。タイトルも獲れるように頑張りたい」と気持ちを新たにした。

 1年目はセットアッパーとして72試合に登板し、防御率1.67で新人王に輝いた。その後は不振のシーズンもあった中で、昨季から再び抑えを務めている。第一線で活躍し続けるタフさがあり、井口資仁監督も「毎年ですけど、信用してクローザーを任せている。彼にしっかりとバトンをつなげられるようにやっていけたらいい」と全幅の信頼を置く。
 
 プロ野球でリリーバーとして生きる中で、宮西尚生日本ハム)と平野佳寿(マリナーズ)を目標としてきた。「自分が打たれたときは、あの人たちでも打たれるんだからと思っていた」と振り返る。

 今となっては、ほかの投手から目標とされる存在であり、選手会長というロッテの顔でもある。チームは久びさにパ・リーグの首位争いに加わっており「勝てる試合を落とさないように。任されているのでね」と強い自負をにじませた。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング