週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神・近本光司 生き生きとした打撃で盗塁王だ/タイトル争い参戦中

 

現在も18盗塁でリーグトップの近本。足で相手チームをかき回し、虎打線をけん引している


 ペナントレースの折り返し地点でリーグ最多盗塁をマークしているのが近本光司だ。さまざまな状況を考えて、もっとも「盗塁王」に近い男と言えるだろう。

 本人も「足を生かしたプレーを見せたい」と語り、シーズン前から「2年連続盗塁王」を目標に掲げた。まさに有言実行というべき働きをみせている。

 ルーキーイヤーだった昨季は36盗塁でタイトルを獲得。「去年以上にやらないといけない」と臨んだ2年目は走りにさらなる磨きがかかっている。

 今シーズン10個目の盗塁を決めたのは7月29日のヤクルト戦(神宮)だった。今季初の三盗での2ケタ到達は1年前とほぼ同じペースだ。

 クレバーでどん欲な男は、昨秋キャンプでスライディングに改良を加え、走塁練習を徹底しながら進化を求めた。その結果が2年目のジンクス打破へとつながっているのだ。

 もっとも盗塁のタイトル獲得には出塁率アップが求められる。その点でも一時1割台の打率が急上昇した。8月度はリーグトップ月間38安打を放ち、3割超えを目前にしている。

 8月は1試合に2盗塁した2試合を含んでおり、15盗塁でトップをキープした。打席でも、出塁しても厳しいマークにあうが、そこをかいくぐってきた。

「一番」に座ったことで生き返って塁上をかき回す。首位・巨人を猛追していきたい矢野阪神にとって、近本のパフォーマンスはシーズン後半の最大の武器になる。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング