週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

日本ハム・渡邉 諒内野手 印象的な一打も光った「直球破壊王子」/ペナントレース精勤賞

 

長打力も秘めたバッティングで存在感を発揮した渡邉


 プロ7年目で初めてシーズンを通して一軍でプレーした。相次ぐ故障に苦しんだプロ入り後だったが、コロナ禍で調整が難しく、前例のない6連戦が続いて肉体的にも厳しい1年ながら、レギュラー二塁手として打線の中軸を担った。開幕前から打率3割には届かなかったが、着実な成長を見せた。

 渡邉諒にとってこの1年はステップアップのシーズンと位置付けていたはずだ。2018年シーズン後半に台頭。19年は春季キャンプ中に右ワキ腹を肉離れし、開幕は出遅れたが、初めて規定打席に到達するなど躍進した。昨年の契約更改では「やっとキャリアと言える数字を残せた。でも長年成績を残さないとレギュラーとは言えない」と継続して安定した成績を残すことが、今シーズンの最低限のノルマだった。

 その意味では順調にキャリアアップした1年だった。二塁守備はまだミスもあるが、全体的な安定感や守備範囲は広がっている。打撃でも勝負強さや出塁率も向上。ファンからは「直球破壊王子」という異名も定着した。真っすぐを打ち返す際のインパクト音、さらに打球や打撃フォームの力強さは見る者を虜にする不思議な魅惑がある。

 最も印象的だったのが、8月8日の西武戦(札幌ドーム)でのギャレットとの真っ向勝負。最速162キロの真っすぐで押してくる相手にファウルで粘りながら、最後は9球目の160キロを「破壊」して決勝打。ネームバリューも一気に飛躍した名勝負を繰り広げた。もはやチームに欠かせない戦力に成長した1年だった。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング