週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・M.ムーア 研究熱心なジェントルマン/新天地1年目のシーズン

 

日本シリーズ第3戦の先発が予想されているムーア


 メジャー・リーグ通算54勝の実績どおり、今季新加入した助っ人左腕のM.ムーアが抜群の安定感で3年ぶりのリーグVに貢献した。途中合流した春季キャンプ中のブルペン投球から首脳陣の評価は高く、3月のオープン戦では3試合に登板し計8回2/3を無失点。コロナ禍で開幕が遅れるという不測の事態となったが、貴重な左の先発としてしっかり開幕ローテーションに名を連ねた。チームは千賀滉大東浜巨石川柊太ら強力な先発陣を誇る中、今季特有だった同一カード6連戦の初戦となる火曜日の先発を任されたのは、首脳陣の絶大な信頼の証しだった。

 開幕前から工藤公康監督も「球が強いし球種も多く、乱れる感じもない」と、先発の柱の1人として大きな期待をかけていた中、前半戦は思わぬアクシデントに見舞われた。7月の練習中に左ふくらはぎを痛め約2カ月の離脱。それでも、復帰戦となった8月29日の日本ハム戦(PayPayドーム)で5回無失点と好投し来日初勝利をマーク。9月以降は基本的に週末カードの初戦となる金曜日の先発を任され続け、来日2度目の中5日登板となった10月22日の日本ハム戦(札幌ドーム)では7回無失点と好投しチーム15年ぶりの11連勝に貢献。8月末から11試合に先発し6勝を挙げロングスパートでのぶっちぎりVの立役者の1人となった。

 メジャーで実績を残しているが、「みんながいい投球をしているので、いい意味で刺激し合っていけいてる」と千賀、東浜、和田毅、石川らチームの強力な先発陣の実力を素直に認め、自身の投球にもつなげている。工藤監督が「非常に研究熱心だし、マウンドでは熱いが普段はジェントルマン」と評す左腕が、短期決戦も好投し日本一に貢献する。

写真=高原由佳

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング